人生のヒント

人生や仕事をする上で役に立つヒントを書いています。外資系IT企業で働くビジネスマンとして、仕事の中で学んできた知識を共有していきたいと思っています。

気分良く過ごす

嫌なことがあった時の対処法

人間生きていれば、失敗することはあります。自分の失敗かもしれないですし、誰かの予期せぬ行動や言動によって、不安感や怒りを覚えることもあるでしょう。そうした時は、心がざわつき、嫌な気分になります。

瞑想の代わりにサウナに行く

日々生活していると、様々なストレスを感じるものです。ストレスがかかると、頭がかなり疲労していきます。色々と悩みだしたりすると、頭の中に浮かんでくる考えなども多くなり、集中力も失われていきます。

情報摂取スピードをゆるめて頭を休める

情報をやり取りするスピードは、ネットとスマホの普及でとんでもなく高速になってきています。毎日生まれる情報の量も多すぎて、処理する人間の方が追いつかなくなっているように思います。

感心したら、さすが!と言ってみる

他人に何かしてもらったことが、とても良い出来だったり、大きな効果があった場合は、相手の行動に感心して、称賛したくなります。

余分なことは幸せの一部

のんびりした余分な時間や、ちょっとした寄り道をすることが時々あると思います。 そうした時間は、特にお金をかけでもないですし、普段日常的にある何気ない時間であるため、特に幸福を感じるようなことはないでしょう。

頻繁に思い浮かぶ言葉について考えてみる

普段頭の中などで、頻繁にでてくる言葉がいくつかあります。ポジティブなものやネガティブなものなど様々ですが、なぜか何回も頭の中に浮かんできます。

Youtubeの次にきてほしいもの

発信するメディアが、ネットを利用したプラットフォームによって開放されてから、しばらく時間が経ちました。従来の巨大企業による集中・独占から、分散・共有へシフトしたことによって、コンテンツの数は爆発的に増加し、更新の頻度も高い状態になっていま…

欲しいものが決まれば自分の幸せを定義できる

どうすれば幸せになれるかというのは、いつも考えさせられるテーマです。今幸せかと問われたら、即答できるかわかりません。

鈍感力があったほうが良いと思う

こんにちは、しんごです。人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。 鈍感な人 人に何を言われても、あまり気持ちがブレない人というのがいます。 こうした人は、周りからの攻撃に対して非常に鈍感であり、言われたことに対して、あまり深刻に考える…

毎日1つでも貢献することで気分良く過ごす時間を増やす

毎日気分良く過ごせる時間を増やして、幸せに生きていくにはどうしたら良いのかといつも考えています。 自分が何かを行ったことによって満足感が得られれば、大体その日は気分良く眠りにつくことができるように思います。

読書と瞑想と運動と触れ合いで気分良く過ごせる時間が増えると思う

なんとなく悩んでしまったり、なにかうまくいかず、調子が出ないときというのがあると思います。そういった時、皆さんはどんなことをしているのでしょうか。

暑いから温度をさげるというより湿度を下げてみる

コロナで在宅勤務が増えてしまい、自宅で仕事をすることが増えてきています。最近は夏になり暑くなってきましたので、室内の温度が非常に上がってきています。

お酒を飲む量は決めた方が良い

コロナの影響で、飲食店でのお酒の提供が制限されてから随分時間が経ったように思います。お酒が好きな人達にとっては、本当に残念な話で、普段行っていたお店にも、全く行かなくなってしまったという方もいると思います。

感情が反応した後にその理由を深く考えるようにする

怒ったり、悲しんだりした時は、感情が激しく反応してイライラしたり、涙が出たりすると思います。そうした時は、もう感情が先に来ているので、その反応が静まるのを待つしかないと思います。

アプリのデトックスをしてみる

スマートフォンには、様々なアプリケーションをインストールすることができます。アプリは手軽にインストールできるので、気がつくと、思ったよりたくさんのアプリを持っているように思います。

相手に贈る小さな幸せ

どんな小さなことでも良いので、自分が大切だと思っている人達には、幸せでいてほしいと思います。幸せでいて欲しい相手と、一緒に楽しい時間を過ごしたり、贈り物をあげたりすれば、自分も相手も幸せな気分になると思います。

夢中になれれば幸せな時間を過ごせると思う

生きているのであれば、なるべく幸せな時間を過ごしていたいものです。苦労してばかりや、悩んでばかりの人生だと、本当に消耗してしまいます。こういったことが何もない時間があれば、少なくとも不幸な思いはしないと思います。

過去で悩みだしたらゲームをしてみる

自分の過去の過ちや、不運なできごとについて悩んでしまうことがあると思います。 人以外の動物は、一度体験した不幸な出来事を何度も思い出して悔やんでいるようには見えません。人だけがこのようなことをしているように思います。

物事の良い悪いを判断しそうになったらどうしたらよいか

物事の良い悪いを判断するということは、頻繁に発生すると思います。自分に直接関係することを判断するのは必要なことだと思いますが、その他にも、例えば政府からのアナウンスや、有名人の行動なども耳に入った瞬間に良い悪いを判断してしまうと思います。

自分が持っていないものより、持っているものに注目する

普段SNSなどを見ていると、華やかな生活をアピールする内容がたくさん投稿されています。 そうしたものを見続けていると、他の人は持っているのに、自分は持っていないものにどうしても目が行ってしまいます。

見えるところに緑を置く

コロナの流行で、街からは活気がなくなり、人とのコミニケーションも減っている期間が長くなったような気がします。 人とあまり会わなくなってしまうので、家族がいない一人暮らしの場合は、緊急事態宣言の中、外にもあまり出かけられないので、本当に寂しい…

呼吸で心と身体をコントロールする

身体の仕組みの中では、自分の意思で動かせるものと、そうでないものがあります。 腕や足は、自分の意思で動かせますが、食べ物を消化する場合を考えてみると、これは意識しなくても自律的に行われており、自分の意思で胃酸の放出を開始するというようなこと…

相手に期待しすぎないようにする

普段、無意識に相手に対して期待してしまうことがあります。 期待してしまう対象としては、家族のような近しい人ばかりではなくて、お店の店員さんや駅員さんなども含まれます。

仕組みを理解して動き方を研究する

社会や企業、経済や生活など、あらゆるところには、それを動かすための仕組みが存在しているように思います。その仕組については、多くの要素があるため、人によって理解の仕方や、その仕組の中での動き方が違います。

なんでも運が良いことにしてしまう

毎日生活していると様々なことが起こります。 自分にとって良いことと、悪いことがあると思いますが、どちらかと言うと悪いことの方が印象に残るかもしれません。悪いことが起こった日は、「今日はついてないな」と思ってしまいます。

ワクチンを打ったから安心というわけではないと思う

日本でも、コロナワクチンの接種が進みつつあります。おそらく皆さんも職場や、自治体でコロナのワクチンを接種していることと思います。 「ワクチンは、うちましたか?」という話題が、よく聞かれるようになりました。まだうっていない人は、不安に思う場合…

空気を読みすぎて落ち込まない

世の中には、守るべき法律というものがあります。日本に住んでいるのなら、日本の法律に従う必要があります。しかし、周りを見てみると、この法律以外にも、皆がなんとなく慣習のような、いわゆる「空気」といったものが存在しているように思います。

悩む時間は最小限にする

人生で最も大事なものは何かと聞かれたら、私は「時間」と答えます。この大切な時間を自分の価値観に沿って使うことができるか、そして、気分良く過ごせるか、というのが人生において最も重要だと思っています。

自分を傷つけることができるのは自分だけ

他人から批判されたり、心ない言葉を言われるということがあると思います。他人からそうしたことを言われると、自分の心が傷ついたような気がします。そしてその他人から言われた言葉というのは、自分でも驚くほど長い間、繰り返し頭の中に浮かんでくるもの…

だめなら逃げても恥ずかしくない

責任感の強い人は、何かを任されると最後までやり遂げようとすると思います。様々なプレッシャーを受けたとしても、自分の時間を犠牲にしてでも、その責任を最後までやり遂げようとします。