人生のヒント

人生や仕事をする上で役に立つヒントを書いています。外資系IT企業で働くビジネスマンとして、仕事の中で学んできた知識を共有していきたいと思っています。

苦手な作業を詳細に把握する

こんにちは、しんごです。
人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。

苦手なこと

苦手なことというのは、誰にでもあるものです。理由としては、なんとなくうまくできなかったり、やる気がおきなかったり、その作業自体がきらいだったりと様々なものがあります。

 

こうした苦手とする事は、他の得意な人と比べると、動作も遅くなりますし、品質も悪くなります。

 

そうした事は、自分ではなく、できれば他の人に任せた方が、自分も含め、他人もチーム全体にとっても有益です。

 

しかし、「自分が苦手なことを言ってください」と聞かれると、「人前でしゃべること」や、「単調な作業」などといった回答になり、この状態だと少し大雑把過ぎて、他の人に任せたりする機会も減ってしまいます。

 

苦手な作業を他の人と効率よく分担していくにはどうしたらよいでしょうか。

苦手な作業を詳細に把握する

もし、他の人が取り組んでいる仕事や作業の中で、過去自分が取り組んだことがあるものがあったら、その様子を注意深く観察します。そして、その作業スピートと品質を自分のものと比較してみます。

 

比較してみて、自分の方が良かった、もしくはそれほど変わらないのであれば、その作業は苦手なわけではありません。しかし、圧倒的に他の人がやったほうが早かったり、出来栄えがよかった場合、それは自分が苦手としている事の可能性が高いです。

 

例えば、自分がやった場合、契約成立まで6ヶ月かかったものが、他の人がやった場合、もっと好条件で3ヶ月でできていたなら、自分は契約交渉作業を苦手としている可能性が高いです。

 

人のほうが優れているというのは、認めたくないかもしれませんが、人には得手不得手があるので、気にしないようにします。自分では、全くできないというわけではありませんし、他の人が苦手なものを自分が得意な場合だってあります。

 

ここで大事になのは、その圧倒的な差があったことを覚えておいて、次回それをやるかどうか迷ったときは、さらっと人にお願いできないか検討するようにします。

苦手な作業は素直に人に頼む

自分でもできないわけではないのですが、人がやったほうがはやかったり、できが良いのであれば、頼んでしまったほうがお互い幸せです。

 

苦手な作業を交換するということは、お互い得意な作業に集中できるということで、チーム全体のパフォーマンス向上にも繋がります。

 

苦手なことは、できればリストアップしておいて、すぐに判断できるようにしておくと便利です。

 

得意なことや苦手なことがわからないうちは、何でもやったほうが良いですし、苦手を克服する作業も必要かもしれません。しかし、ある程度分かってきたら、素直に得意なことに集中するようにしたほうが良いです。

 

これからも、自分の苦手なことは他の人にお任せして、自分の得意なことで世の中に貢献できればと思います。

f:id:shingotjp:20211201082832j:plain

 

できない事は集中練習して少し間多く

こんにちは、しんごです。
人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。

上達するための集中練習

スポーツやものづくり、楽器の演奏などは、特別なスキルが必要となり、習熟するには練習する必要があります。

 

苦手なことや、習得したい技などがあるときは、それを集中して練習することになります。できないところだけを切り出して、集中的に練習することで、習熟度は高まります。

 

しかし、集中した練習は、反復練習なので、単調になりがちです。やらなければうまくならないので仕方ないですが、何かもう少し助けになることはないかと考えてしまいます。

少し間をおいてみる

集中的な練習を行ったら、そのテクニックについての練習をしばらくやめて、間をおいてみます。

 

これは、間をおくことによって、次回少しだけ上達している場合があるからです。もしかしたら経験がある方もいるかもしれませんが、なぜか集中練習を繰り返すよりも、一旦間をとることで、うまくできるようになることがあるのです。

 

早くできるようになりたいという思いが強すぎて、集中して長時間練習してしまいがちですが、あまりずっと練習し続けると、逆に単調な動きに慣れてしまい、どこが悪いのかわからなくなっていることがあります。

 

これは、練習自体が作業になってしまい、フィードバックに関心がなくなっていたり、疲労しているのが原因だと考えられます。

 

練習からしばらく距離をとることで、集中している時には、見落としていたものがわかったり、身体が勝手に練習していない間イメージトレーニング的な動きをして、次回やった時に、少しだけ上達しているのかもしれません。

休みながら上達する

一旦集中練習から遠ざかり、関係ない活動や休息をとることで、上達する場合があります。経験上のノウハウですが、何度も同じ経験があるので、試してみる価値はあると思います。

 

集中練習だけしていると、できない方法を何度も練習しているようなかたちになることもあるので、一旦忘れてから再度取り組んだほうが、できる方法を見つけやすくなるのかもしれません。

 

なにより、ちょっと休んでリフレッシュしつつ、上達もするのであれば、試さない手はありません。

 

今後も、練習に煮詰まってきたら、一旦間をおいてリフレッシュしながら、練習していきたいと思います。

f:id:shingotjp:20211130204229j:plain

完璧ではなくてもとりあえず出してみる

こんにちは、しんごです。
人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。

仕事の成果物

仕事では、結果をだしていく必要があります。具体的には、成果物を期限通りに出していかなければなりません。

 

自分の仕事ですし、できるだけ良いものを出していきたいと思うものですが、時間や情報が足りなかったり、何かしらの制約があったりして、100%のものができない場合があります。

 

集中しているうちに、だんだんのめり込んできて、期限やゴールを忘れて作業してしまうこともあるかも知れません。

 

期限を守りながら、継続して成果を出しつづけるにはどうしたら良いでしょうか。

完璧ではなくてもとりあえず出す

自分が持っている理想が100だとしたら、60か70くらいで出すようにします。「出す」と言っているのは、次の作業やレビューにだすということです。

 

本当はもっとやったほうが良いと自分で思っているところまでやっていくと、時間がいくらあっても足りなくなります。

 

60くらいの出来栄えというと、及第点ギリギリなので、気がすすまないかもしれないですが、早く次にまわしたほうが良いことのほうが多いです。

 

例えば、自分が良いと思っていても、レビューした他の人にとってはあまりよくなかったり、出すことで変わることもあるのです。

 

自分がこだわっているところに限って、他の人はあまり気にしていないこともあります。

 

自分が数時間使って確認したり、きれいに仕上げたポイントなのに、他の人に2秒でいらないと言われる可能性もあるのです。

 

大抵のことは、後でいくらでも修正できます。もちろん修正が難しいものもありますが、その場合でも、他の人に見てもらう機会をなるべく早く頻繁に持つほうが有益です。

勇気をもって出していく

プレッシャーがあると、頑張って完璧を目指してしまいそうですが、それをやってもメリットはどんどん薄れていくことが多いです。

 

繰り返しになりますが、こんなものを出して恥ずかしいと思うほど、人はそのことを気にしていません。割と雑くらいがちょうど良いのです。時間は有限なので、どんどん進めていかないと、いつまで経っても進行しません。

 

これからも、なるべくこだわりを捨てて、どんどん進めれていけるようにしたいと思います。

f:id:shingotjp:20211130172050j:plain



うまくできなかったら紙に書いてみる

こんにちは、しんごです。
人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。

うまくいかない事

自分がなんとかしたいと思って取り組んでいることが、なかなかうまくいかないということがあります。

 

何度も挑戦しているのに、うまく成果が出なかったり、毎回失敗してしまっているのであれば、改めてその原因を突き止めたり、やり方を見直すなりして改善する必要があります。

 

一生懸命やっているのに、間違いや、不安な部分があったりして、何度も同じ工程を繰り返してしまうと、なかなか進みません。

 

進みが悪くなると、だんだん気持ちも焦ってきて、ますます作業が進みにくくなっていきます。

 

こうした事が繰り返されると、考えが煮詰まってしまったり、何をすれば良いのかがわからんくなってしまったりして、モチベーションも下がり、作業も進まないという悪循環になっていきます。

 

こうしたうまくできなくなってしまった状況を打破するには、どういったことをすれば良いでしょうか。

煮詰まったら紙に書いて考える

考えが煮詰まってきたら、ノートに自分の思っている考えを書き出してみます。書いていくときは、次のようなやり方で書いていきます。

 

箇条書きで書いていく

箇条書きにこだわらなくても良いですが、文章を書くより早くできます。

 

絵を描く

言葉にできないものは、絵を描いてみます。なんとなくのイメージでよいので、いちばん頭の中にあるものと同じものを描いていきます。絵の間で、関連性があったら線でつなげてみるのも良いです。

 

関連性を見る

複数の項目や絵の関連性について考えてみます。

 

番号を振ってみる

手を付けたほうが良い順番が思い浮かんだら番号を振っていきます。後で優先順位を判断する時に使います。

 

色分けする

蛍光ペンなどで、ハイライトして色分けしておくと、後で見直す時に、目当ての項目を見つけやすくなります。色に意味をもたせておくのも便利です。例えば、オレンジ色は行動、青は考え、黄色は重要、ピンクは問題などです。

 

煮詰まっていると言う事は、頭の中で検討している項目が多すぎるのです。こうしたものは一旦書き出して、目で見て検討するほうが良いです。

 

こうした方が良い解決策を思い浮かぶ可能性が高まりますし、できなかった原因がわかる場合もあります。

落ち着いて考える時間を持つ

煮詰まってしまっているときは、いろいろ考えたり、作業したりしているので大変疲労していると思います。

 

疲労しているときは、迷わず一旦休んで、頭をリフレッシュしてから、紙に書き出して検討する方が良いです。

 

この紙に書き出す作業は、非常に有益で、やってる間に関係ないことのアイディアが浮かんできたりもします。本来取り組んでいる作業とは関係ありませんが、そうしたアイディアは、ノートの欄外などに書き留めておくと、後ほど有用な場合があります。

 

頭の中だけで複雑に絡み合う事案を検討するのは、荷が重い場合があります。そうした時は、なるべく早く紙に書き出して、頭の中を整理しながら考える方が良いと思います。

 

これからも煮詰まってきたら、すぐにノートを取り出して、考えを書き出していきたいと思います。

f:id:shingotjp:20211128050856j:plain

ポジティブな気持ちを維持する

こんにちは、しんごです。
人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。

ネガティブの影響

ネガティブな気持ちは、自分の心と行動に大きく影響します。

 

ネガティブな気分でいると、どんどん行動もその方向に引っ張られて行き、ネガティブな結果を引き寄せることになります。

 

その結果、さらにネガティブな気分になり、負のスパイラルに入ってしまいます。

 

不幸なニュースを聞いたり、ネガティブな人の側にいると、少なからずその影響を受けてしまい、自分もネガティブな思いに支配されていきます。

 

可能であれば、ポジティブな気持ちをずっと保ちつつ、ネガティブなことから距離をとって、より良い気分や行動につなげたいものです。

 

しかし、いくら気を付けていても、周りで起こっている事から逃れられず、どうしても影響を受けてしまうことがあります。

 

そうした時でも、どうしたらポジティブな気分を維持しつつ、ネガティブな気分を排除できるようになるでしょうか。

ポジティブな考えに変換する

物事は、見方や立場によって様々に解釈することができます。

 

例えば、急な坂道を上っていて、半分位のところに来たときに、「まだ半分も残っているのか」と思うのか、「もう半分も乗り切った」と思うのかで、解釈の仕方は異なります。

 

このように、自分の周りで起こった出来事の解釈として、自分にとってポジティブな方を選択することによって、たとえ最初はネガティブに思ったとしても、ポジティブな考えに変換することができるようになります。

 

何か自分にとってネガティブだと思えるようなことが起こったときも、そのことにポジティブな捉え方はないかどうかを考えてみるようにするのです。

 

ポジティブな捉え方ができたら、その捉え方だけを考えるようにして、ポジティブな気持ちを維持するようにします。

ネガティブを排除する

物事の解釈をネガティブに解釈しても、良いことなどはほとんどありません。

 

もしかしたら、妬みや恨みで力を得られる人もいるかもしれませんが、その分自分も傷つけることになってしまいます。

 

ネガティブな考えや言葉によって、自分を傷つけても何の得にもなりません。それよりも、ポジティブな考えを維持する方が、心にも身体にも良い影響があると思います。

 

これからも、物事の捉え方をうまく制御して、ポジティブな気持ちをなるべく長く維持できるようにしたいと思います。

f:id:shingotjp:20211127112523j:plain

集中力を回復させる

こんにちは、しんごです。
人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。

集中力の欠如

長い時間作業をしていると、疲労が溜まってくるなどして、集中力がなくなっていきます。

 

集中力がなくなってくると、スマホが気になってしまったり、ニュースサイトを見出したり、作業以外のことに気をとられてしまって作業の進みが遅くなってしまいます。

 

同じ時間作業をしていても、集中力がある時とない時では、得られる成果に違いが出てきてしまいます。それは、きちんとした成果を出すには、高い集中力が必要になるためです。

 

疲労のために集中力がなくなったと思い、疲労を回復するために、休んでしまうと、逆に集中力を取り戻せなくなってしまって、逆効果になる時もあります。

 

どうしたらなくなってしまった集中力を取り戻すことができるようになるんでしょうか。

運動で集中力を回復させる

集中力が落ちてきたと思ったら、身体を動かすようにします。具体的には、軽いランニングか、ウォーキングのような有酸素運動を行います。

 

運動を行うと、全身の血流が良くなり、気分的にもかなりスッキリします。外で新鮮な空気を吸いながら歩くことで、良い気分転換にもなります。

 

様々風景の変化を見ることで、意識が集中から分散に切り替わり、集中に特化していた意識を解放させることができます。

 

集中力が切れたと言う事は、疲労が溜まっているということもあるので、休憩した方が良いように思いますが、実際は身体を動かした方が集中力は取り戻すことができます。

集中力を維持して良い成果を得る

集中力が必要な作業の中に、身体を動かす時間を挟むことによって、枯渇してしまった集中力を取り戻す事ができるようになります。

 

集中力をコントロールしながら作業をを行うことによって、効率も上がり、より良い成果を生み出すことも可能になります。

 

これからも、集中力がなくなったら休むのではなく、軽い運動をしながら高い集中力を発揮できる時間を得るようにしたいと思います。

f:id:shingotjp:20211127111003j:plain

自然の中で一人になる

こんにちは、しんごです。
人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。

自分と向き合う時間

日々の生活に追われていると、自分と向き合う時間を持つというのは、なかなか難しくなります。

 

よく、自己啓発本などを読んでいると、時間をとって自分と対話する時間があったほうが良いと書かれています。

 

その本を読んだ直後は、しばらく時間をつくって、自分と向き合ったりすることがありますが、いつの間にかそういった時間をとらなくなっていくものです。

 

自分が日々考えていること、感じていることは、十分わかっているつもりでいます。しかし、実際は、カウンセリングや、自分で意識的に自分と向き合ってみると、あまり自分で認識できていないことに気付くはずです。

 

どうしたら、効果的に自分と向き合うことができるようになるでしょうか。

自然の中で一人になる

週に一回で良いので、緑豊かなところで一人になって、静かにぼんやりしてみます。

 

遠出するのは、ハードルが高いというのであれば、近くの公園でも良いので、ただベンチに座って、ぼんやりしたり、ゆっくりと歩いたりしてみます。

 

緑の効果もありますが、しばらくすると、とてもリラックスしてくると思います。

 

なるべく緑に溶け込むような感覚で、頭を空っぽにするように、ただぼんやりするだけです。

 

ぼんやりしようと思っていても、そのうち色々と考えが浮かんできたりします。そうすると、急にアイディアが生まれてきたり、悩んでいたことを解決するヒントが出たりすることもあります。

 

紙とノートなどを持っていると、その場で思いついたことを書いたりできるので便利です。

 

このようにただ自然の中でリラックスしているだけで、自分の中にある考えを知るヒントが得られるようになります。

普段と違うところでリフレッシュする

普段の生活や仕事から少し離れ、一人でぼんやりする時間は、とても大切です。

 

家族の関係などで難しいこともあると思いますが、長時間でなくても良いので、調整して時間を作れると良いと思います。

 

できれば、スマホを持たずに出かけることをおすすめします。スマホがないと不安かもしれませんが、スマホを持っていると、どうしても注意がそちらに向いてしまうので、効果が薄くなってしまいます。

 

これからもなるべく時間を作って、リラックスと、頭の整理の時間を取りたいと思います。

f:id:shingotjp:20211126064353j:plain