人生のヒント

人生や仕事をする上で役に立つヒントを書いています。外資系IT企業で働くビジネスマンとして、仕事の中で学んできた知識を共有していきたいと思っています。

自分を知る

こんにちは、しんごです。
人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。

自分の特徴

自分の性格や行動パターン、得手不得手などは、ある程度把握していると思います。

 

自分の反応を大体予測できるため、普段はある程度それを加味した行動をとることが多いでしょう。

 

ただどうしても「自分のことは、自分が一番わかっている」と思っているので、割と大雑把に把握しているところもあるかもしれません。

 

例えば、人間誰でもそうかもしれませんが、寝不足だとあまりパフォーマンスが出せないというのは大体把握いていると思います。

 

しかし、「自分は最低何時間以上寝なければならない」というかたちで、数値で理解しているかと言われると、そこまでは把握していないことがあります。

自分のことを研究する

行動が与える自分の身体への影響や、行動パターンなどを数値も加味した形で、なるべく詳細にメモして理解するようにします。

 

例えば、「睡眠はかならず7時間以上」や、「水分を一日1リットル以上飲む」などです。

 

イメージ的には、ロールプレイングゲームキャラクターシートのように、自分の能力値などを把握しているところまでいけると完璧かもしれません。

 

自分の特徴がよく理解できていれば、第三者的な観点から自分の反応を正確に予測することができるようになります。

 

予測ができれば期待される結果もわかりますし、避けなければいけないリスクも回避することができるようになります。

 

自分だけではよくわからない場合は、親しい友人や家族、同僚から意見を聞くのも参考になると思います。

 

体調だけではなく、精神的なものも含めて、気分を全般的に研究していくことによって、より良い選択ができるようになります。

 

「こういう時は、こういう反応だった」というケーススタディをたくさん持っておくことが重要になると思います。

 

特定のパターンを発見したらスマホのメモアプリやノートに記録しておくようにします。

主体的に行動を設計する

自分の特徴をよく理解することで、日常生活の中で、自分にとってより良い選択ができるようになります。

 

より良い選択は、より良い人生に繋がります。

 

「どういう時にどういう風に考えるか」や、「どんな時にどういう風にすれば気分が良くなるのか」ということを研究していくと、より良い人生を設計できるようになっていくと思います。

 

これからも、自分のスペックシートが書けるぐらい、自分の特徴を研究していきたいと思います。

頑張ったら休む

こんにちは、しんごです。
人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。

忙しい時

仕事などでどうしても締め切りなどがあり、少し無理をして頑張らなければならない時というのがあります。

 

かなり無理をしないと終わらない場合は、深夜まで作業するなど、非常に体力を使うことになります。

 

どうしても間に合わせなければならないこともあるので、ある程度は仕方がないですが、こういったことがあると、心身共に疲れ果てることになると思います。

 

こうした「頑張る状態」が続くと、段々ずっと仕事をしているのが当たり前になってきて、身体が慣れてくると思います。

 

身体が慣れてくると、本当は疲れているのに作業を続けてしまったりすることがあります。

 

そして知らない間に体力を使い果たして、病気になったりした時に、初めて自分が仕事をし過ぎてることに気づくことになります。

頑張った後はしっかり休む

少し身体に無理をして頑張った後は、なるべく身体を休めるようにします。

 

仕事を休めるのであれば休んでしまっても良いですが、休むことに気が引けるのであれば普段の仕事で多少を手を抜くようにします。

 

手を抜くと言うの聞こえが悪いですが、無理をしない程度に仕事をするということです。

 

休日は一日中ダラダラしても良いと思いますし、ものすごく長い時間寝てしまっても良いと思います。

 

「そんなことを言われなくても休んでいる」と思うかもしれませんが、意識的にやらないと、意外に休めていないこともあるので、注意が必要です。

頑張りは身体の借金

仕事で頑張ってしまうのは仕方がないですが、大事なのは頑張った後です。

 

少し無理をして頑張ったということは、体力の借金を身体が抱えているようなものです。

 

この借金を返すためには、ゆっくり休息を取るしかありません。

 

頑張った後は自然に倒れるように寝てしまう人もいると思いますが、そういう方はそのまま休めば良いと思います。

 

責任感が強かったり、まじめな人は、しっかりと休めない人がいると思うので、そういう人たちは意識的にダラダラしたほうが良いと思います。

 

これからも頑張り過ぎた時は、勇気をもって少し手を抜こうと思います。

 

目的を見失った時にすること

こんにちは、しんごです。
人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。

目的を見失う時

普段生活している時のふとした瞬間や、何かうまくいかないことが起こった時、なんとなく自分は何のために生きているのかと考えることがあります。

 

人は特に目的がなくても別に問題はないと思いますが、夢や人生のゴールがはっきりしている方が充実した毎日を過ごせるものです。

 

特に苦労したことがうまくいかず失敗に終わった時などは、一体何のために自分は生きているのだと問いかけてしまいたくなります。

 

一度疑問が湧いてしまうと悩み出してしまうので、だんだんやる気もなくなって気分も悪くなっていきます。

 

こうした時に何か対処する方法はないでしょうか。

価値観思い出す

自分の目的を見失いそうになった時は、自分の価値観を思い出すようにします。

 

価値観とは、生きる上で自分が大事にしていることです。

 

価値観は、自分の生きる目的を作るための根幹となるものなのです。

 

例えば、もう目的を達成してしまい、今目的自体を持っていなくても、価値観自体は継続して持っているものです。

 

例えば、「人を助ける」という価値観と、「今年中に5人の仕事を手伝う」という目的やゴールがあったとします。

 

もし目的の方を達成したとしても、「人を助ける」という価値観はそのまま残っています。

 

したがって、またその価値観に基づいて目的を作り直せば良いだけになります。

目的はなくて良い

このように価値観を思い出すことによって、たとえ目的を達成したり、多く失敗してその目的を失ったとしても、価値観から新たに自分の目的をつくりだすことができるようになります。

 

目的は、価値観をベースにしてつくれるため、ある瞬間目的がなくても、何の問題もないと思います。

 

価値観がしっかりしていれば、常に行動の指針が価値観に基づいているので、特に目的を持たないで生きていくこともできると思います。

 

これからも自分の価値観を大切にして、目的を見失ったら、価値観思い出して行きたいと思います。

充実感を感じるために必要なこと

こんにちは、しんごです。
人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。

充実した毎日

人として生きているのであれば、なるべく毎日充実した一日を過ごしたいものです。

 

何もない平穏な日々というのものんびりしていて良いかもしれませんが、充実感を味わいながら生活している方が、楽しいですし、生きる気力も湧いてくると思います。

 

何かをしていれば充実するというわけでもないので、充実感を感じられることを探す必要があります。

 

人によって何をしている時が最も充実してるかというのは変わってくると思います。

 

しかし共通して言える条件というのが、いくつかあると思います。

充実感を得るための条件

充実感を得るための条件の一つとしてあると思うのは、挑戦することです。

 

なぜ挑戦かと言うと、何かしらの苦難を乗り越えることによって、充実感が得られるためです。

 

これは逆を考えてみるとわかりやすいです。

 

例えば、何でもかんでも2秒で実現するとしたら、とても張り合いがなく、本当につまらない感じになると思います。

 

逆にある程度負荷がかかってストレスを感じながら挑戦し、それを達成すると、そこには充実感が生まれると思います。

 

従って充実感を得るためには、適度なストレスや、挑戦するべきタスクが必要になるということです。

挑戦は何でもよい

挑戦するものは本当に何でも良いと思います。

 

それを取り組むにあたって、少しの不安や適度なストレスを感じることであれば、なんだって挑戦になると思います。

 

できれば第三者がその結果を見ることができるような形であると、自分一人でやるよりはストレスがかかるので、より充実感を感じることができるようになると思います。

 

これからも、充実感を得るために適度な挑戦をしていきたいと思います。

人を説得する時

こんにちは、しんごです。
人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。

人を説得する時

人から何かの件で同意を得るためには相手を説得する必要があります。

 

同意を得たいことに関する背景をきちんと説明して、それに対して相手にどのような利益があるかというのを説明する必要があります。

 

組織で取り組んでいることに対して同意を得たい場合、本来は組織の利益について説明すると思います。

 

しかし、心の中でどうしても自分の都合が最優先になってしまうことがあります。

 

このような場面で相手の同意を得るために、気を付けなければいけないポイントはないでしょうか。

相手の利益についても語る

自分の利益や組織の利益も大切ですが、それに加えて相手に利益があることについても語るようにします。

 

仕事であれば、組織のゴール自体が相手の利益になる場合もありますが、ほとんどの場合は個別に用意した方が良いです。

 

例えばあるプロジェクトの同意を得る場合、そのプロジェクトが進めば、もちろん自分としても成績が上がりますし、組織もゴールに近づくことができるようになります。

 

これに加えて相手にとって、どのような利益があるかを説明するようにします。

 

例えばこのプロジェクトがうまくいけば、相手が取り組んでいることに対してもやりやすくなるようなメリットがあるなどの説明をするようにします。

 

話を聞いているほうは、どうしても自分はどうなのかというところに興味があると思います。

 

相手の利益についても説明することで、この問いに対する答えを相手に提供することができます。

 

説得する相手も自分に利益があるのであれば同意をしやすいと思います。

三位一体で考える

相手の同意を得る場合は、なるべく自分と組織に加えて、相手の利益についても考えるようにします。

 

自分と組織、それに加えて相手という三位一体で考えることによって、より同意を得やすくなります。

 

組織の中で働いていると、どうしても自分と組織だけのことを考えてしまいがちです。

 

これに加えて相手のことも考えることによって 、win-win の関係を構築することが可能となり、より説得がスムーズに進むようになります。

 

これからも相手の利益を考えることを忘れないようにして、説得に臨みたいと思います。

 

食べ物を選ぶ時に思い出したいこと

こんにちは、しんごです。
人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。

普段の食べ物

普段、食べ物を選ぶときは、美味しいそうなものや、その時食べたいと思ったものを選んでいることが多いと思います。

 

なんとなく身体に悪そうだなと思うような食べ物を避けていることはあるかもしれませんが、お店で売られていたり、飲食店で食べるようなものであれば、特に気にしなくても良いと考えがちです。

 

食べるものを気をつけた方が良いというのはわかっていますが、どうしてもその時の欲求に任せて食べてしまうと思います。

 

より良い食べ物を選ぶためには、どのような心構えでいるべきでしょうか。

薬のように食べる

先日下記のようなコメントを目にしました。

 

「薬のように食べ物を食べるようにすること。そうしなければ、薬を食べ物のように食べることになる」

 

これは、身体に良い薬のように食べ物を食べるようにしないと、そのうち薬を食べ物のようにたくさん飲まなければいけなくなる身体になってしまうということです。

 

これは、本当に正しいなと思いました。確かに病気の人はとんでもない量の薬を毎日飲んでいるように思います。

 

こうなると、食べ物を注意深く選ばないといけなくなってきます。

 

具体的には、食べるものをなるべく自然なものにするようにします。自然なものというのは、なるべく加工していないものや、食品添加物が少ないものということになります。

 

例えば、スーパーのお惣菜などを買う時は裏面に書いてある添加物の表示をよく確認して、何が含まれているのかを気にするようにします。

 

お酒も全く飲まないか、ほどほどにしておいた方が良いです。なぜならお酒は合法な薬物だからです。薬物というのは麻薬などと同じようなものということです。

 

薬物であるため身体に良いものではないということは明らかです。

身体は食べ物でできている

私たちの身体は、普段食べているものでできています。

 

身体に悪いものばかり食べていれば、そのうち身体も悪いものでできていきます。

 

自分の身体を気にしている外人の知り合いは、自然食をわざわざ取り寄せており、それしか食べないと言っていました。

 

普段何をどれぐらい口にするかは、今後の健康に大きく関わってくるので注意が必要です。

 

あまり気にし過ぎると、今度は精神的にきつくなってしまうので、時々好きなものを食べるというのも良いとは思います。

 

これからも、薬を食べるように普段の食べ物を選んでいきたいと思います。

リーダーは理想を語る

こんにちは、しんごです。
人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。

ゴールの達成度合い

リーダーは、チームのメンバーを率いて、組織のゴールを達成する重要な役割です。

 

ゴールを達成すると一言で言っても、その達成状態には色々あります。

 

例えば、ゴールは達成したけれど、100%ギリギリだったのと、100%を大幅に超える達成率だったのでは、やはり達成感が違います。

 

また、数値目標を達成したが、一つ二つ犠牲として諦めたプロジェクトがあるのと、目標も達成して、同時にできたら素晴らしいと思えるプロジェクトも立ち上げるのとでは、後者の方が理想的です。

 

結果的に前者のようなギリギリの状態だったとしても、どちらを目指すようにチームメンバーを導いていくのかで結果は大きく変わります。

理想を語る

リーダーは、現実的な結果と理想の結果があるなら、理想の結果を語り続けるべきだと思います。

 

現実的なゴールは、安心感がありますが、同時に夢がなく、夢がないと張り合いがないものになっていきます。

 

また、理想の高い遠いゴールだと、かなりがんばってやっても、届かない感覚ですが、現実的なものだと、やはり手を抜くまではいかなくても、力が入りにくくなります。

 

リーダーが理想を語り続けることで、チームメンバーは、それに向けて前向きに努力できるようになり、結果的に少し上振れしたゴール達成ができる可能性が高まります。

理想は本気で語る

リーダーがあまり現実的なことを言っても、チームメンバーには響かないです。

 

多少「この人、本気か??」と思われるくらいの理想を語ったほうが、チームにいる者としては付いて行きたくなるものです。

 

夢を語ったり、思い描いたりすることは、どんな人でもワクワクするものです。

 

リーダーが理想を語ることでチームが盛り上がるのは、理想という夢を一緒に見られるからです。

 

これは、たとえ達成できなかったとしても、充実感につながります。なぜなら人は、夢へ向かっている時がとても楽しいものだからです。

 

これからも、理想を語るリーダーに自分がなるか、そういったリーダーに付いて行きたいと思います。