人生のヒント

人生や仕事をする上で役に立つヒントを書いています。外資系IT企業で働くビジネスマンとして、仕事の中で学んできた知識を共有していきたいと思っています。

国家間の緊張が日本人に伝わっていないなと思う事

こんにちは、しんごです。
日常の中で、何かの役に立つかもしれないと思った、自分なりのヒントを毎日短い文章で書いています。

国家間の紛争

最近国家間の紛争の話が絶えませんが、私を含め、大半の日本人はあまり実感がないように思っています。
 
ロシアとウクライナの話や、イランとイスラエルの話など、だいぶまずい状態になっていますが、どこか遠い国のできごとのようであまり実感がわきません。
 
恐らく輸出入が関係している仕事をされている人達は、部材が来ないなどの問題があるので、影響は感じているかもしれません。
 
そんな状態でしたが、最近国家間の緊張が本格化してきているなと思ったことがあります。

対立国でのビジネス

最近米国系の企業が、中国とのビジネスを完全にやめるような動きをしています。
 
前からあった動きですが、最近特にその流れが強くなっていて、ついに香港とのビジネスにも影響がでてきています。
 
具体的には、これらの国の企業との取引を一切やめてしまっています。
 
それもかなり突然の通告と共に、かなり雑にやめているようです。
 
企業買収などをして、その買収した会社の製品ラインナップを雑にやめてしまったり、価格を突然あげたり、サポートするのをやめたりというのは良く見ます。
 
しかし、ここまで完全に取りやめる動きがあるというのは、かなりショックが大きいです。
 
影響を受けている顧客や、現地の担当者には、当然ながら何も悪いことはありません。
 
むしろ良好な関係を保ち、これからのビジネスもたくさんあったのに、それらも完全に無視というかたちです。
 
こういうのを見ていると、自分が思っているよりも、国家間の緊張は高くなっているのだろうなと思ってしまいました。

影響を受けるのは国民だけ

国家間の緊張は、言ってみれば両国の政治家や権力者たちが敵対しているだけです。
 
しかし、影響をうけるのはいつも善良な国民です。
 
両国の国民は、何も悪いことはしていないし、何の問題もありません。
 
「あれ? 政治とか政府って国民のためにあるのでは?」と、さっぱり訳の分からない気分になってきます。
 
こう思うと、こういった判断を気分良くバンバンだしてしまう政治家を選んだのは国民なので、少なくともきちんと選挙に行き、不満があれば、何か行動を起こさないといけないなと思ってしまいます。
 
企業の従業員は、経営者を選べませんが、国民は政治家を選べます。
 
皆さん選挙に行きましょう。

 

 ↓ いつもクリックで応援ありがとうございます!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

人生のヒント - にほんブログ村

管理業務を増やす弊害について

こんにちは、しんごです。
日常の中で、何かの役に立つかもしれないと思った、自分なりのヒントを毎日短い文章で書いています。

管理業務

仕事をしていると、マネージメントや管理系の部門から、状況報告などの管理業務を依頼されることがあると思います。
 
例えば、今期の予算状況のアップデートや、社内プロセスの確認など、全て社内で完結していて、実際のビジネスにあまり関係ない業務です。
 
マネージャのような管理職になれば、こうした業務は爆発的に増えますが、マネージャーは、基本的に現場からの報告を得なければこれらを作成することはできません。
 
従って、これらの管理業務があると、マネージャーだけではなく、現場にも負担が増える事になります。
 
こうした管理業務は、大事な仕事の一つであり、組織であれば対応するのが当たり前と思ってしまいますが、これを増やす事の弊害について、あまり考えている人がいないなと感じています。

管理業務を増やす弊害

どんな職責であっても、管理業務を増やと、内向き志向が強くなり、新しいアイディアの創造や行動を抑制する効果があることを認識する必要があると思っています。
 
これは経験上感じている事が多いのですが、管理業務が増えてくると、いつの間にか新しいアイディアを考えたりすることが実質的に少なくなってくるのです。
 
もしかしたら、皆さんも経験あるかもしれませんが、社内報告の資料の締め切りや、予算状況の報告などの内向きの仕事をしている間に、「そうだ、次はこれを試してみよう!」なんて気分にはならないと思います。
 
仮にこうした弊害の心理的効果が全くなかったとしても、管理業務をしている間は外向きの仕事ができないので、時間的には弊害となっています。
 
従って、管理業務を増やす弊害は、心理的なものだけでなく、もちろん時間的なものもあるということです。

管理業務のマイナスインパク

管理業務は、大事な業務の一つです。
 
しかし、管理業務は、管理している人の安心を得る事はできますが、売り上げなどの成果を上げることはありません。
 
管理業務が増え過ぎて、外向けの仕事への意欲や時間がそがれてしまったら、なんのためのなんの仕事か分からなくなってしまいます。
 
従って、こうした管理業務のマイナスのインパクトについては認識しておく方が良いでしょう。
 
「別にちょろっと調べるだけなんだから」とか、「これくらい当たり前だ」などと、気分よく気軽に依頼していませんか?
 
これからも、自分が誰かに管理業務を依頼する時は、それが外向けの仕事へのブレーキになるという弊害を常に思い出すようにしたいと思います。

 

 ↓ いつもクリックで応援ありがとうございます!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

人生のヒント - にほんブログ村

気分転換の効果が薄くなった時のヒント

こんにちは、しんごです。
日常の中で、何かの役に立つかもしれないと思った、自分なりのヒントを毎日短い文章で書いています。

日々のストレス

普段からストレスの多い生活をしていると、気分転換が必要になってくると思います。
 
ずっと高いストレスにさらされていると、心も体も疲弊してきてしまいますし、健康と精神によくありません。
 
手っ取り早くリフレッシュできる効果のあるものは、たくさんあると思います。
 
例えば、好きなものを食べに行くとか、サウナに行くなど、さらっと軽くリフレッシュしてストレスを軽減できる場合もあるでしょう。
 
しかし、あまりにもストレスが大きかったり、同じ行動ばかりだったりすると、あまり気分転換にならなくなります。
 
こうした時に何かヒントになるようなことはないでしょうか。

気分転換の度合いを大きくする

普段の気分転換の方法であまり効果がなくなってきたら、思い切って気分転換の度合いを大きくしてみます。
 
例えば最近試しているのは、「あまり考えずに旅行に行く」というものです。
 
普段旅行に行く際は、予定を決めて、現地に行くまでの交通手段も確保し、ホテルなどを予約して、観光するところを検討するなど、色々と考えることがあると思います。
 
あまり考えずに旅行に行く場合は、とりあえずふわっとした目的で泊るところだけ確保するなどして、なるべく手間をかけずに旅行に出かけてしまいます。
 
例えば最近だと、「名古屋で何か美味しいものを食べに行く」というふわっとした目的だけで、なんとなく旅行に行ったりしています。
 
現地に着けばそれなりに面白い行事がやっていたり、興味のあるお店を見つけたり、想定していなかった美味しいものを見つけたりなど、それなりに発見があったりして、刺激が多くあります。
 
そんな感じで行動していると、あまりストレスフルなことを考えずに色々と楽しむことができるので、手軽な気分転換よりもかなりリフレッシュすることがわかりました。

深く考えなくても何とかなる

ちょっとした旅行であれば、あまり深く考えなくても、それなりになんとかなりますし、意外と楽しめると思っています。
 
近場の旅行であっても、普段とはかなり違う体験をすることができるので、たとえちょっとしたトラブルであっても、新鮮な体験になります。
 
この新鮮な体験が気分転換になり、気分をリフレッシュさせる効果があると思っています
 
これからも、ストレスに負けそうになったら、あまり深く考えずにふらっと旅行に出かけたいと思います。

 

 ↓ いつもクリックで応援ありがとうございます!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

人生のヒント - にほんブログ村

依頼した仕事を進めるためのヒント

こんにちは、しんごです。
日常の中で、何かの役に立つかもしれないと思った、自分なりのヒントを毎日短い文章で書いています。

依頼した仕事

他人に依頼した仕事が、なかなか進まない時というのがあると思います。

 

結構前にいらしたはずなのに、うんともすんとも結果が出てきません。

 

たまに思い出してもらうためにメールなどで連絡をしますが、ちょろっと返信は来るものの、最終的な成果物が出るわけでもなく、ズルズルと時間ばかりが過ぎていきます。

 

依頼の仕方を変えてみたり、もっと依頼部分を少なくしたりなど、色々と工夫はするものの、まるで進展しません。

 

こうした時に、今あげた行動以外で改善できるようなヒントはないでしょうか。

ある程度作る

依頼したものがなかなか進まない時は、こちらで想像している成果物に近いものをある程度作ってしまうようにします。

 

例えば、契約書の修正を依頼していてそれがなかなかできてこない時は、似たような契約書の内容を少しだけ変えて貼り付けるかたちでイメージを伝えるようにします。

 

スライドの作成を依頼しているのであれば、そこに入れて欲しい絵をなんとなく雰囲気だけ伝わる形で手書きでも良いので書いてしまいます。

 

このようにイメージしてるものをある程度作って渡すことで、こちらがその仕事を進めたいと思っていることや、相手の仕事が進みやすいようになイメージの共有、そして全体として少しだけその仕事が進むというような複数の効果があります。

完璧なものは作らない

この行動を取るにあたって一つ大事なこととしては、決して完璧なものを作ろうとしないことです。

 

あくまで作業を完成させるのは依頼した相手であってこちら側は仕事を進めるために少しでも手助けをするようなイメージです。

 

こうすることによって、依頼した相手にも失礼にはなりませんし、協力して進めようとしている形も出てくるので、印象はどちらかというと良くなるはずです。

 

これからも依頼した仕事がなかなか進まない時は、自分でもある程度作ってみて相手と共有していきたいと思います。

 

 ↓ いつもクリックで応援ありがとうございます!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

人生のヒント - にほんブログ村

議論に関係ない話を減らすヒント

こんにちは、しんごです。
日常の中で、何かの役に立つかもしれないと思った、自分なりのヒントを毎日短い文章で書いています。

関係ない話

仕事で会議をしていると、ちょいちょい議論に関係ない話を挟み込んで来る人がいると思います。
 
「これはきっと…」とか、「○○○のような気がする」的な言動をしてくるのですが、特に議論に必要ないので時間ばかり浪費します。
 
こういう人が発言するのをできるだけ少なくするようなヒントはないでしょうか。

発言を被せる

何度も関係ない話をしてくる人がいたら、その人の発言に自分の発言を被せるようにします
 
普通は相手が話しだしたら譲る方が良いですが、ここでは譲ってもあまり有益ではないので、あえて被せて自分が発言してしまいます。
 
ちょっと最初は心が痛むかもしれませんが、ほぼ同時にしゃべってしまう感じで話します。
 
あまり良い態度ではないですが、何回か被せていると、相手は「まぁそこまで頑張って発言することでもないし」という感じになり、あまり無駄な発言自体をしなくなるので、効果はあると思っています。

やり過ぎは注意

人の発言に被せて発言するのは、当然ですが、あまり良い態度ではありません。
 
従って、やり過ぎないように注意が必要です。
 
しかし、数回くらいであれば偶然タイミングが重なることもあるので、相手もそれほど気にはしないでしょう。
 
これからも、なんか関係ない話を差し込んでいる人には、何回か発言を被せて、阻止していきたいと思います。

 

 ↓ いつもクリックで応援ありがとうございます!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

人生のヒント - にほんブログ村



最近の日本の政治を見ていて思った事

こんにちは、しんごです。
日常の中で、何かの役に立つかもしれないと思った、自分なりのヒントを毎日短い文章で書いています。

今の日本の政治

今の日本の政治は、なんだか全体的に国民の事をあまり優先していないように思います。
 
国会の議論を観ていても、野党の質問に対する大臣たちの答弁は、まるですれ違いコントのように噛み合っていません。
 
ホイホイ閣議決定される法案も、どれも国民のためというよりは、国民を生かさず殺さず、それでいてあまり増えないようにしつつ、アメリカの思い通りに進めているように思います。
 
そんな様子を見ていて、最近思ったことがあります。

米国本社の日本法人に似ている

最近の日本の政府は、米国に本社がある日本法人に似ているなと思ってしまいました。

 

こうした日本法人は、きちんとした組織にはなっていますが、扱いは単なる支店なので、現地法人には何の決定権もありません。

 

基本的に本社の命令に従う他なく、抵抗しても2秒で却下されます。

 

それでいて降ってくるオーダーは、理不尽なものが多く、ローカルの都合などもお構いなしで、本社マネージメントの勝手な理想と妄想で下された判断に基づいています。

 

ローカルのチームは、顧客やパートナーさんからの不平不満に耐えつつ、心を無にして実行する他ありません。

 

国民や野党からの攻撃を無視して、政策を着々と実行する自民党に似ていますね。

 

かなり理不尽な状況ですが、その代わりに、一部の上層部は、良い待遇を受けられるので、仕方なく従う感じになります。

 

ここまでの話を聞いて、アメリカが本社で、日本が支店だと思うと、なんとなくイメージが合うなと思ってしまうわけです。

ローカルでもできることはある

そんな日本法人ですが、しっかりとした意思とローカルのことを思う気持ちがあれば、知恵を絞ってある程度良い状態にできるものです。

 

何もかもあきらめて「自分だけ良ければいいや」という感じでやっていくと、ちょうど今の大臣達と、一部の既得権益を受けている人の状態になります。

 

従って、今の政治を動かしている人たちは、単に意思がなく、国民はどうでもいいと考えているのだなという結論に達しました。

 

悲しいことですが、これが現実なので、自分でできることを今一度考え直した方が良いかもしれません。

 

 ↓ いつもクリックで応援ありがとうございます!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

人生のヒント - にほんブログ村

会話で相手を尊重したい時に気を付けたい事

こんにちは、しんごです。
日常の中で、何かの役に立つかもしれないと思った、自分なりのヒントを毎日短い文章で書いています。

人との会話

人との会話で相手を尊重していることを態度で示したい時があると思います。
 
尊重している気持ちを言葉にしても良いですが、それもなんだかわざとらしい感じがします。
 
できれば、態度で示したいところですが、具体的に何をすればよいかと言うと、あまり思いつかないかもしれません。
 
そうした時に、ちょっと気を付けてやってみて欲しいことがあります。

自分がしゃべるタイミング

相手に誠意を見せたいのであれば、先に自分からしゃべらず、相手の話をまず聞くようにします。
 
例えば、二人だけの会話であれば、相手にまず話したい事を話してもらいます。
 
なるべく全ての話したい事を話してもらってから、自分の話をするようにします。
 
もう一つ大事なことは、もし発言が重なってしまったら相手に発言を譲ることです。
 
「そちらからどうぞ」と言って、相手に譲るようにするということです。
 
こういったことが何回かあるだけでも、相手は自分が尊重されていると感じると思います。

話を聞いてもらっているという感覚

相手を尊重しているという気持ちを伝えたいのであれば、相手に満足するくらい話せたという感覚を持ってもらうことが大事です。
 
感覚としては、会話が終わった後に、自分はあまりしゃべらなかったなと思うくらいがちょうど良いです。
 
人は誰でも、だいたい自分の話を聞いてほしいものです。
 
逆を考えてみれば分かりますが、相手から話し出して、その後ずーっと話されて、自分がしゃべるタイミングもほとんどなく会話が終了したらどう思うかということです。
 
きっと、「ああ、あまり自分は尊重されていないんだな」と、普通に感じると思います。
 
従って、話を聞いてくれる人であれば、無意識に、しかも自然に尊重してもらえている感覚を持つと思います。
 
これからも、相手を尊重したい時は、自分がしゃべるタイミングをうまくコントロールしていきたいと思います。

 

 ↓ いつもクリックで応援ありがとうございます!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

人生のヒント - にほんブログ村