人生のヒント

人生や仕事をする上で役に立つヒントを書いています。外資系IT企業で働くビジネスマンとして、仕事の中で学んできた知識を共有していきたいと思っています。

人間関係

リーダーシップのポイントを考える

今までの人生の中で、この人はリーダーだなと思う人を何人か見てきました。リーダーと一言で言っても、様々なタイプがあるように思います。しかし、そういう人達を見ていると、多少リーダーと思わせる特徴や行動があったように思います。

良い上司になるために気軽に話せる雰囲気を作る

皆さんが持っている良い上司のイメージはどういったものでしょうか? 私としては、話しやすくて、いつでもしっかり話を聞いてくれる上司に魅力を感じていました。逆にとにかく嫌な上司は、偉そうで人の話を聞かない人でした。

外国語よりも先に相手の文化を考える

海外の人達とやりとりするには、外国語を学ぶ必要があります。地域によって異なりますが、英語などができるとコミュニケーションがとれて便利でしょう。

感心したら、さすが!と言ってみる

他人に何かしてもらったことが、とても良い出来だったり、大きな効果があった場合は、相手の行動に感心して、称賛したくなります。

頭から否定しないように注意する

友人や同僚から相談されて、意見を求められることがあると思います。そういった時、まずどのように話を聞くかというのが重要になってくると思います。かなり多いのが、最初から否定で入るパターンの人です。

頼まれるのは認められているということ

仕事の依頼が多くなってくると、ストレスやプレッシャーの多い状況になってきます。タスクとして溜まっていき、締切にも追われるようになり、精神的に参ってきてしまうことがあります。

問題解決の方法は一つだけじゃない

普段生活をしていれば、何かしらの問題に遭遇します。 問題に遭遇した場合は、すぐに解決方法を検討することになります。企業でも個人でも、相手がいる問題の場合、不便を強いられる場面があり、どうしても相手のせいにしたい気分になるものです。

意見を言ってもらえるような環境をつくる

企業の中の文化にもよりますが、役職者などの上の立場の人に、下の人間から間違いの指摘などをするというのは、なかなかハードルが高いことだと思います。

鈍感力があったほうが良いと思う

こんにちは、しんごです。人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。 鈍感な人 人に何を言われても、あまり気持ちがブレない人というのがいます。 こうした人は、周りからの攻撃に対して非常に鈍感であり、言われたことに対して、あまり深刻に考える…

周りに注意されなくなったら要注意

年次が上がってきたり、偉くなったりしてくると、段々周りは気を遣ってくるようになります。周りの人間としては、あまり下手なことを言って、機嫌を損ねて自分達の評価が下がったら嫌なので、多少変な行動だと思っても指摘さえしなくなります。

毎日1つでも貢献することで気分良く過ごす時間を増やす

毎日気分良く過ごせる時間を増やして、幸せに生きていくにはどうしたら良いのかといつも考えています。 自分が何かを行ったことによって満足感が得られれば、大体その日は気分良く眠りにつくことができるように思います。

交友関係は無理やり広げなくて良いと思う

仕事や趣味を通して知り合う人達というのは、多くいます。しかし、深い話ができる友人というのは、それほど多くありません。社会にでてから、そうした友人というのは、だんだん増えなくなってきているように思います。

相手に贈る小さな幸せ

どんな小さなことでも良いので、自分が大切だと思っている人達には、幸せでいてほしいと思います。幸せでいて欲しい相手と、一緒に楽しい時間を過ごしたり、贈り物をあげたりすれば、自分も相手も幸せな気分になると思います。

否定してくる人は真面目なんだと思うようにする

仕事でも、普段の生活においても、否定的な意見を言ってくる人というのは必ずいると思います。例えば、仕事で会議をしていても、何かアイディアを出すたびに、否定的な意見を言ってくる人がいます。

人の伸びてほしいところを褒める

他人の行動の中で、改善してほしいところであるとか、もっと良くなってほしいと思ううところがあると思います。 例えば、「もう少し早くやってほしいな」とか、「丁寧に作って欲しいな」など、色々とあると思います。

自分が持っていないものより、持っているものに注目する

普段SNSなどを見ていると、華やかな生活をアピールする内容がたくさん投稿されています。 そうしたものを見続けていると、他の人は持っているのに、自分は持っていないものにどうしても目が行ってしまいます。

誰かのための仕事には意義と誇りが生まれると思う

こんにちは、しんごです。人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。 その仕事をする理由 生活するためには、ある程度のお金があったほうが良いです。そのため、社会に出た後は、何らかの仕事をすることになると思います。 仕事を選ぶ際は、自分ので…

空気を読みすぎて落ち込まない

世の中には、守るべき法律というものがあります。日本に住んでいるのなら、日本の法律に従う必要があります。しかし、周りを見てみると、この法律以外にも、皆がなんとなく慣習のような、いわゆる「空気」といったものが存在しているように思います。

忘れてほしいことがあったら違う話題を最後にする

少しネガティブな話をしていて、そのことをあまりずっと覚えていてほしくなかったり、あまり他の人に話してほしくないと思ったりすることがあると思います。

自分を傷つけることができるのは自分だけ

他人から批判されたり、心ない言葉を言われるということがあると思います。他人からそうしたことを言われると、自分の心が傷ついたような気がします。そしてその他人から言われた言葉というのは、自分でも驚くほど長い間、繰り返し頭の中に浮かんでくるもの…

率直に話すことで時間もコストも削減してスピードもあげる

率直な言動というのは、デリカシーに欠けるので、通常はあまりしないものです。 例えば、同僚が少し太ってきたとしても、ハッキリ「太りましたね」とはあまり言いませんし、会議の資料が少しおかしくても、全員がいる前でわざわざ細かく指摘したりはしないも…

自分のことだけ棚にあがっていないか気をつける

他人を批判する時は、その人の悪い部分というのが非常に目立って見えると思います。面と向かって指摘しないまでも、例えばその人に何かされるたびに、頭の中で批判の言葉が思い浮かぶと思います。

同意していることを明確にして、同じ意見の人の信用を得る

複数人で話し合っているときには、参加者から複数の意見が出るものです。出てくる意見の中には、自分が賛成できるものや、反対のものなどがあると思います。議論をしていくなかで、多くの場合、自分の意見を言うことに集中してしまい、周りの意見に対する反…

人の行動で印象に残ったことはすぐに話しておく

どんな人でも、長所と言えるような、なんらかの良いところがあると思います。例えば「資料を作るのが上手い」であるとか、「交渉が上手である」など、様々なものがあると思います。

嫌いな人から自分にないものを学ぶ

嫌いな人と言うのは、どこにでもいるものです。なぜその人が嫌いなのかと言う理由は、様々なものがあると思います。その人の態度が嫌いとか、言動が嫌いとか、不快なことをいつもされるとか、本当に理由はさまざまになると思います。

質問の内容をなるべく絞って回答しやすくする

仕事などで何か疑問があれば、誰かその事について詳しい人に質問する必要があります。質問をするのであれば、その質問に至った背景や関連する情報などを質問する相手に共有する必要があると考えると思います。なぜなら、質問の回答を持っていると思われる相…

嫌いなことを話しているとそのことばかり考えてしまうので好きなことばかり話すようにする

普段生活していると、嫌いなものや、嫌いな人というものに遭遇すると思います。嫌いなものについては、色々と言いたいこともあるので、その事について話すこともあると思います。

あらゆる衝突は相手の立場になって考えると解決しやすくなる

普段、仕事や生活をしていると、他人と衝突する場面というのがあると思います。個人間の意見の衝突であったり、派閥などの組織間での衝突、大きいものでは国家間の武力衝突というのもあると思います。

自分の常識を他人に押し付けないようにする

他人の行動が、自分の常識と異なることがあります。「なぜ、この人は、こんなことをするのだろう」など、どちらかというと、自分の気に入らない行動をされたときに思うと思います。

自分の気持ちを表す勇気を持つ

普段生活をしている中で思うことがあったりしても、それを素直に表現することは稀なように思います。相手の受け取り方を気にすることもありますし、和を乱して雰囲気を悪くしたくないということもあると思います。