人生のヒント

人生や仕事をする上で役に立つヒントを書いています。外資系IT企業で働くビジネスマンとして、仕事の中で学んできた知識を共有していきたいと思っています。

嫌なことがあった時の対処法

人間生きていれば、失敗することはあります。自分の失敗かもしれないですし、誰かの予期せぬ行動や言動によって、不安感や怒りを覚えることもあるでしょう。そうした時は、心がざわつき、嫌な気分になります。

現場に行って称賛する

立場が上がっていくと、多忙になっていくため、頻繁に現場に行くというのは難しくなってきます。 現場でがんばってくれているスタッフがいる場合は、特に上の立場の人間が直接現場に出向かなくても問題なく進行するでしょう。たとえ来たとしても、それほど役…

面倒だなと思ったら1分だけ手をつけてみる

仕事の頼まれごとでも、生活の中の雑用でも、面倒でやる気が起きないことというのは多くあると思います。面倒だと思っているので、基本的にやりたくないですし、着手する気も起きません。

配信プラットフォームで物理メディアはなくなるのか

一昔前まで、映画などの映像コンテンツを個人で楽しむ場合、ブルーレイディスクなどの物理媒体を使っていました。CDで販売している音楽コンテンツも含めて、これらは現在でも使われていますが、最近ではネットによる配信が多くなってきています。

やりたいことリストを常に管理する

身体が問題なく動くうちに、色々とやりたいことをやっておけば、悔いの少ない人生を過ごすことができると思います。 普段生活していると、「あー、これいつかやってみたいと思っていたな」などと思うことがありますが、時間が立つと結構忘れてしまうものです…

リーダーシップのポイントを考える

今までの人生の中で、この人はリーダーだなと思う人を何人か見てきました。リーダーと一言で言っても、様々なタイプがあるように思います。しかし、そういう人達を見ていると、多少リーダーと思わせる特徴や行動があったように思います。

良い上司になるために気軽に話せる雰囲気を作る

皆さんが持っている良い上司のイメージはどういったものでしょうか? 私としては、話しやすくて、いつでもしっかり話を聞いてくれる上司に魅力を感じていました。逆にとにかく嫌な上司は、偉そうで人の話を聞かない人でした。

仕事に学習時間を埋め込む

仕事が忙しいと、なかなか学ぶ時間を作るのは難しくなります。どちらかというと、疲労しているので、気持ちして時間を作る気力がなくなるというのがちかいかもしれません。

他人の上がった期待値を下げる方法

他人に何かを期待されることは、悪いことではありません。それだけ「できる人」と、思われているというなので、むしろ誇らしいことです。 しかし、過度な期待はプレッシャーになります。プレッシャーを感じてしまうと、緊張で思わぬ失敗をしてしまうこともあ…

希望的観測を避けるクセをつける

何かに取り組んでいれば、失敗はつきものです。 しかし、可能であれば大きな失敗は避けていきたいものです。失敗を避けるには、リスクになり得る部分の予測を行う「リスクの予測」が必要です。 失敗を起こす時によくあるのは、このリスクの予測を誤ることで…

ノウハウの無料公開で人々の技能は底上げされる

一昔前、何か新しいことをやる際は、いわゆるハウツー本を呼んだり、プロの人に習いに行ったりしなければ、そのノウハウを知ることというのは難しい状態でした。直接習うまでもない場合は、ハウツーもののDVDなどを購入して、観ていたりしていました。

緊急事態宣言後は働き方を実際に変えるチャンス

陽性者数の増加が止まり、緊急事態宣言が解除されたことで、通常体制の業務に戻った企業もあるかと思います。 しかし、完全に元に戻すということに、少なからず疑問や抵抗を感じる人達もいるでしょう。それくらいコロナのインパクトは大きいものでした。

変化に対応するためにサブスクを利用する

定額使い放題で、途中解約ができるサブスクリプション(サブスク)は、かなり普及が進んできています。サブスクは最初動画配信などのソフトウェア分野で広がっていましたが、最近ではカーシェアのようなハードを伴うものにまで広がってきています。

インプットのために人に話を聞く

仕事など、自分が取り組んでいる活動において、常に良質なアウトプットをしていくには、インプットが非常に重要です。自分の中に様々なことを取り込んでいくインプットの質や量によって、アウトプットできるものが変わってくるからです。インプットは、原料…

瞑想の代わりにサウナに行く

日々生活していると、様々なストレスを感じるものです。ストレスがかかると、頭がかなり疲労していきます。色々と悩みだしたりすると、頭の中に浮かんでくる考えなども多くなり、集中力も失われていきます。

自動化力を上げる

情報を入手したり、発信したりするためにかかる時間は、ネットとテクノロジーの発展によって尋常じゃないほど短くなってきています。知りたい情報はネットで検索すればだいたい手に入りますし、有名人や推しの人の動向を知りたいならその人のSNSをフォローす…

批判する側より批判される側になる

どんなことをやっていたとしても、批判してくる人というのはいるものです。それは、人の数だけものの見え方が異なるので、仕方のないことです。大抵のことは、良い面も悪い面もあるため、批判しようと思えば、いくらでも突っ込みどころを作ることができます。

運が悪いと思った時は動かないようにする

普段生活していると、今日はなんだか不運なことばかりが起こって、ついていないなと思う時があります。やっていることがことごとく失敗したり、変なトラブルに巻き込まれたり、生きている限り仕方ないですが、不運なことはどうしても発生します。

伝える力を上げる

テクノロジーの発展が進み、人がこれまで行ってきたことのうち、またいくつかの仕事が機械に移行していくことになろうとしています。

To Doリストを作るときにやらないことも決める

To Doリストは、「今日はこれをやる」といった、やりたいことや、やらなければならないことのリストです。仕事をしている方々は、こうしたリストを活用していることと思います。

スマホに統合されることで持ち歩くものは減っていく

スマートフォンの高機能化が進み、あらゆることがスマホ一つでできるようになってきています。QR決済なども普及してきており、紙幣を持たずにコンビニに行くことにもだんだんなれてきました。最近はショップの会員カードなどもスマホに統合され、ショップカ…

忘れないようにするために忘れる前提で行動する

何か人に頼まれ事をされた時は、その頼まれたことを忘れないようにしたいものです。もし忘れてしまうと、頼んだ人に迷惑がかかってしまいますし、自分も非常に残念な思いをしてしまいます。

情報摂取スピードをゆるめて頭を休める

情報をやり取りするスピードは、ネットとスマホの普及でとんでもなく高速になってきています。毎日生まれる情報の量も多すぎて、処理する人間の方が追いつかなくなっているように思います。

検索力を高める

普段何気なくGoogleやYahoo、Bingなどを使用して、調べたい内容を検索していると思います。検索は非常に便利で、何か知りたいことがある場合は、スマホからでもPCからでも検索サイトの機能を使うことで、瞬時に情報を得ることができます。

何でもスマート化していく

身の回りにあるものは、どんどん「スマート化」しています。私の中でのスマート化の定義は、「ハードとソフトが切り離されて、ネットにつながり、アプリが増える」というものです。

SNSをスマホで見すぎないようにする

SNSは、多くの人に情報を発信するのに便利なツールです。また、いいねをもらうことで、なんだか認められたような嬉しさや、意外なものを発見できる楽しみ方があります。

サブスクは必ず見直す

月額また年額でサービスが何度でも使い放題になり、途中解約もできるサブスクリプションサービスは、大変便利でお得なため普及が進んでいます。

外国語よりも先に相手の文化を考える

海外の人達とやりとりするには、外国語を学ぶ必要があります。地域によって異なりますが、英語などができるとコミュニケーションがとれて便利でしょう。

感心したら、さすが!と言ってみる

他人に何かしてもらったことが、とても良い出来だったり、大きな効果があった場合は、相手の行動に感心して、称賛したくなります。

余分なことは幸せの一部

のんびりした余分な時間や、ちょっとした寄り道をすることが時々あると思います。 そうした時間は、特にお金をかけでもないですし、普段日常的にある何気ない時間であるため、特に幸福を感じるようなことはないでしょう。