人生のヒント

人生や仕事をする上で役に立つヒントを書いています。外資系IT企業で働くビジネスマンとして、仕事の中で学んできた知識を共有していきたいと思っています。

他人の上がった期待値を下げる方法

こんにちは、しんごです。
人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。

少し高めの期待

他人に何かを期待されることは、悪いことではありません。それだけ「できる人」と、思われているというなので、むしろ誇らしいことです。

 

しかし、過度な期待はプレッシャーになります。プレッシャーを感じてしまうと、緊張で思わぬ失敗をしてしまうこともあるため、このようなプレッシャーはあまり無いほうが良いです。

 

期待している人達は、少し理想が高めになっています。それは大抵自分の実力よりも高いところを求められています。こうした「少し高めの期待」を裏切ってしまうと、その落胆は大きくなってしまうので、なるべく裏切らないようにしたいものです。

 

できれば、この少し高めになった期待の部分だけでもなくせると、自分の実力に近い部分に近づけると考えています。

期待を少し下げる

少し高めになった他人の期待を下げる良い方法としては、期待が高くなっていることをやんわりと相手に気づいてもらうのが良いです。

 

方法としては、下記のような言葉を独り言のように発します。

「少しハードルが上がってきましたね」

 

直接他人にお願いするのではなくて、独り言を聞いてもらうようなかたちです。すこし砕けた感じで言うことで、やんわりと期待値を少しだけ下げることができます。

 

直接「そんなに期待しないでください」と、言ってしまうと、余計上がる可能性もあるので、それとなく言うのが良いと思います。

 

「ハードルが上がってきた」と言うことで、自分の緊張感も少し解く効果もあるので、オススメの方法です。

期待値を下げる効果

他人の期待値を少しだけ下げることで、うまくすれば、その期待値を上回ることができます。期待値を上回った時、人は感動したり、評価を上げたりしてくれます。

 

この少しだけ下げる効果は、意外と大きいです。期待を裏切られることを避けるだけでも大きな効果が期待できると思います。

 

少し高くなった期待を下げてもらって、評価を保ちつつ、自分の緊張も解くことで、全体的に良い結果が生まれると良いと思います。

f:id:shingotjp:20211009123936j:plain