人生のヒント

人生や仕事をする上で役に立つヒントを書いています。外資系IT企業で働くビジネスマンとして、仕事の中で学んできた知識を共有していきたいと思っています。

無駄な報告を減らすヒント

こんにちは、しんごです。
日常の中で、何かの役に立つかもしれないと思った、自分なりのヒントを毎日短い文章で書いています。

仕事の報告

仕事でリーダーや管理職になると、チームメンバーや部下から報告を受けるようになると思います。
 
自分に対して誰かから報告が上がってくると、なんとなく自分が少し偉くなった気がするものです。
 
こうした上の立場になった人にも色々いて、何でもかんでも報告を求めてくるタイプと、そうでないタイプがあります。
 
こうした報告の扱いについて、少し思うところがあります。

情報は自ら取りに行く

個人的な見解ですが、管理職になっても、報告を受けるというより、自ら必要な情報を取りに行くというかたちが良いと思っています。
 
定期的な報告があっても良いですが、なるべく手間をかけずに最小限にしたほうが良いです。
 
特に潤沢に人員がいるわけでもなく、一人でなんでもかんでもやらなければいけないチームの場合は、なるべく多くを求めないようにします。
 
そもそも管理職も忙しいので、たくさんの人からとんでもなく長い報告を高頻度で受け取っても処理しきれませんし、大事な情報を見落としてしまう可能性も高くなります。
 
それよりも大枠取り組んでいる様子が分かっていて、気になる点を管理職自ら聞きに行く方が、お互い無駄な作業が少なくなって効率が良くなると思っています。

プライドはどうでもいい

良くやたら報告を求めてきたり、資料を作らせる管理職がいますが、まったくもって無駄だと思います。
 
想像したくないですが、そうした行為をすることでプライドを満足させているとしたらさらに無駄です。
 
自分としては意味があると感じているのかもしれませんが、それを作成している人の時間と労力もコストですし、それをレビューしている人達の稼働もコストです。
 
もし、どうしても知りたいという事であれば、それだけのコストをかける意味が必ずあると固く信じられるようになってから実行したほうが良いでしょう。

 

 ↓ いつもクリックで応援ありがとうございます!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ

人生のヒント - にほんブログ村