人生のヒント

人生や仕事をする上で役に立つヒントを書いています。外資系IT企業で働くビジネスマンとして、仕事の中で学んできた知識を共有していきたいと思っています。

環境を変える

こんにちは、しんごです。
人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。

作業する場所

仕事の書類を作成したり、プレゼン用の資料を作る際はパソコンに向かって作業することになると思います。

 

会社員であれば、オフィスに出社して会社の机で作業することになります。

 

フリーランスや、コロナの影響で在宅勤務になった人にとっては、場所は割と自由に選べるようになってきだと思います。

 

わざわざオフィスに行かなくても、自宅のリビングや、近くのカフェなどでも作業ができるようになりました。

 

集中して作業できる場所があれば良いですが、集中力と言うのはそこまで長く持ちません。

 

しばらく作業していると疲れてきますし、作業効率はどんどん下がっていきます。

 

そんな時に手軽にリフレッシュするような方法はないでしょうか。

作業環境を時々変える

作業する環境は、時々がらりと変えたほうが気分がリフレッシュするので、作業効率が上がる場合があります。

 

例えば一つの作業を終えたら、外に出てパソコンを持って公園で原稿を書いてみるとか、近くのカフェに移動して作業をするといった形で、移動しながら様々なところで作業するイメージです。

 

環境が変わると気分も変わって新しいアイディアが出てきたりします。

 

環境変える場合は、移動が伴うので時間の無駄のように思いますが、その移動時間も結構有効に使うことができます。

 

なぜかというと、移動中は次の作業のことを考えて移動しているのでそこで関連するアイディアが生まれる場合があるからです。


このように環境を変えながらの作業は、移動中も含めると、意外に作業効率が上がるように思います。

環境の力を借りる

作業に行き詰まったり、集中力が切れてしまったら、環境の力を借りて作業効率を上げることができます。

 

環境の方から得られる力と言うのは、意外に大きなものがあります。

 

もしかしたら、何かのスランプになっているときの大きな突破口になるかもしれません。

 

時々場所を変えていろいろな作業をするというのは、リフレッシュをしつつ、新たなアイディアを生み出すと言う点で、非常に有効な方法だと思います。

 

これからも、環境を変えながらリフレッシュして、作業の効率を上げていきたいと思います。