人生のヒント

人生や仕事をする上で役に立つヒントを書いています。外資系IT企業で働くビジネスマンとして、仕事の中で学んできた知識を共有していきたいと思っています。

準備とバックアップを忘れないようにする

こんにちは、しんごです。
人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。 

 

準備をしないで臨む危うさ

何かをするときには、なるべく準備をしてから始めたいものです。なんとなく自分の中で重要度が低いものであるとか、もう慣れてしまっているものであれば、あまり準備をしないで臨むこともあるかもしれません。例えば、定例の会議であるとか、同じメンバーで何度も行っている活動などは、もう慣れているので、そこまで準備はいらないように思う時もあります。毎回事前に準備をするのは、確かに面倒ですし、時間がもったいないようにも思います。しかし、少しの準備をしなかっただけで、予期せぬ事態が起こり、うまく対応できないということも発生します。

 

準備とバックアップを徹底する

何かを行う際は、それがどんなに何度もやっている慣れていることであっても、準備をするほうが良いと思います。本当に簡単でもいいので準備をすることによって、抜け漏れなく必要な事項を伝えられたり、確認漏れなどをなくすことが可能になります。
 
例えば、電話をする前に話したいキーワードだけを軽くメモしておいたり、会議に入る前に質問する内容を確認しておくだけでも、随分結果が違ってくると思います。こうすれば、大事なことを確認することを忘れて、もう一度連絡するといったことは起こりません。簡単な準備をすることで、気持ちも楽になりますし、安心して行動することができるようになります。

できれば、バックアップも準備したほうが良いと思います。何か不測の事態が起こったとしても、バックアップがあればすぐに対応することができます。あまり神経質になる必要はないですが、何か行動を起こす前に、「もしだめだったら、こうしよう」というプランがあるだけで、すぐに次の対応に移ることができるようになります。
 

準備とバックアップで安心を得る

簡単な準備と、バックアップを確認しておくだけで、何もしないよりもスムーズに事を進めていくことができます。抜け漏れが会って再度何かをするといったことも少なくなるため、相手の時間を奪うことも最小化することができます。また、準備しているという安心感は、冷静な判断の助けにもなると思います。慣れというのが一番怖いので、どんなに何度も行っていることでも、準備とバックアップを忘れないようにしたいと思います。

f:id:shingotjp:20210411175035j:plain