人生のヒント

人生や仕事をする上で役に立つヒントを書いています。外資系IT企業で働くビジネスマンとして、仕事の中で学んできた知識を共有していきたいと思っています。

ネガティブな言葉を自分に言い聞かせないようにする

こんにちは、しんごです。
人生に役立つヒントを毎日短い文章で書いています。

 

頭の中で言い聞かせてしまうネガティブな言葉

人に何気なく言われた言葉を、ネガティブに受け取ってしまうことがあると思います。「あなたのここが良くないと思うから、こうした方が良い」といった言葉は、アドバイスなので本来はありがたい言葉だと思います。しかし、その指摘された部分が、自分でよく理解していて、普段から気を付けていたことだった場合、その努力は効果がでていなかったということになります。努力していただけに、とても残念な気持ちになるとともに、やはり自分にはできないのかというネガティブな言葉に変換されてしまいます。

 

こうして、アドバイスから変換されてしまったネガティブな言葉は、自分の中で繰り返し語られ、だんだんと頭に刷り込まれていきます。そうなると、その部分を自分から改善しようと言う気も失せてきて、どうせ自分にはできないと思ってしまうことになると思います。

 

ネガティブな言葉を繰り返さない

ネガティブに変換してしまった自分への言葉は、繰り返し頭の中で自分に言い聞かせないようにする必要があります。一番手軽な方法としては、頭の中で繰り返し語らないように、すぐに寝てしまうという方法です。単純ですが、寝てしまえば、意識を失っているので、一旦頭の中で鳴り響くネガティブな言葉から離れることができます。

 

ネガティブな言葉を言い聞かせ始めたら、それを自分で認識するというのも大事です。「ああ、自分で言い聞かせてしまっているな」と思うことで、自分の状態を客観視することが可能となり、ネガティブな気持ちから距離をとることができるようになるからです。

 

気持ちがそこまで高ぶっていなければ、何か他のことををするのも良いと思います。例えば、運動や瞑想などが良いでしょう。ネガティブな言葉に影響され、暴飲暴食をするなどして、自分を傷つける方向に行動してしまわないように気をつける必要があると思います。

 

以前書いた気分が沈んだ時の対処法も役に立つかもしれません。

 

newlp.hatenadiary.jp

 

ネガティブな言葉から自分の身を守る

どんなに気をつけていても、他人からの何気ない言葉で大きな影響を受けてしまうことはあると思います。他人のコントロールはできませんが、言われたことに対して、自分がどう反応するかは選ぶことができます。ネガティブに受け取ってしまった言葉に対する自分の反応をコントロールすることによって、少しでも心の健康を保つようにできたらと思います。

f:id:shingotjp:20210411173221j:plain