人生のヒント

人生や仕事をする上で役に立つヒントを書いています。外資系IT企業で働くビジネスマンとして、仕事の中で学んできた知識を共有していきたいと思っています。

気分が沈んだ時の脱出法を用意しておく

こんにちは、しんごです。
人生に役立つヒントを短い文章で書いています。
 

気分が沈んだときどうするか

日頃色々な出来事が起こり、理不尽なことや、ひどい結果などに直面して、気分が沈むことがあるかと思います。
 
そんな時はどうするでしょうか?
 
その時々で様々かと思いますが、お酒を飲んだり、外へ出かけたりと、気分を変えようと行動するかと思います。
最近だと、コロナの影響もあり、特に夜間の外出などができない状況ですので、外に飲みに行くというのも難しい状況です。
 
そもそも気分が沈んでしまっているので、そんなに行動力もないですし、ずっとくよくよ考えて停滞してしまう可能性があります。
 
もし、気分が沈んだ時に、回復するための方法をいくつか前もって用意していれば、いち早く回復できるかもしれません。
 

気分が沈んだ時の脱出方法例

以下は、気分が沈んだ時、なるべく早く復活できるように前もって考えておく脱出方法の例です。
 

楽しい思い出の写真をまとめておく

スマホのお気に入り機能などを使用して、楽しい思い出の写真をストックしておきます。できれば、それを見るだけで笑ってしまうようなものなどを選んでおくと良いでしょう。好きな人の写真でもよいです。
気分が沈んだり、沈みそうになったらすぐにそれを見るようにします。
 

元気の出るコンテンツを用意しておく

毎回観るとかならず感動してしまうドラマのシーンなどを覚えておいて、気分が沈んだ時にそれを観ます。感動する音楽を聞くというのも良いと思います。
ドラマや映画なら全体を見る必要はなく、そのシーンだけみることで、気分が晴れる場合もあるかと思います。
 

泣けるコンテンツを用意しておく

観ると絶対泣いてしまうような感動の映画のワンシーンなどを観て泣きます。泣くとスッキリするので、これを使ってリカバリします。
 

回復方法を持つことで安心する

前もって、回復するための方法を用意しておけば、どうすればよいか悩まなくてすみますし、回復までの時間を早めることができると思います。
 
気分が沈むと、なにごともやる気がなくなり、ネガティブな考えが頭を支配して、生産性が著しく損なわれてしまいます。
 
早めに回復することで、気分良く過ごす時間をなるべく多くとっていきたいと思います。
 

f:id:shingotjp:20210224185718j:plain